NEWS

ニュース

宮崎キネマ館

【宮崎キネマ館】今月のオススメ映画情報🎥

[2022-05-11]

『ぼけますから、よろしくお願いします。~おかえりお母さん~』
上映期間:4月29日(金)より公開!好評上映中!

2022/日本/101

監督・撮影・語り:信友直子

(C) 2022「ぼけますから、よろしくお願いします。~おかえり お母さん~」製作委員会

認知症の母と老々介護する父の暮らしを、ひとり娘である信友直子監督が記録し話題となった2018年公開のドキュメンタリー『ぼけますから、よろしくお願いします。」の続編。前作完成後も、両親を撮り続けていた監督。母の認知症はさらに進行し、ついに脳梗塞を発症してしまう。入院した母に面会するために父は毎日一時間かけて病院へ通う。そんな中、20203月、新型コロナウィルスが世界的に拡大し、病院の面会すら困難な状況が訪れてしまう。日本全体が抱える高齢化社会の問題を浮き彫りにしながら、幸せな夫婦の姿を家族ならではの視線で映し出す感動の物語!

 

『ツユクサ』
上映期間:4月29日(金)より上映!好評上映中!

2022年/日本/95分

監督:平山秀幸

出演:小林聡美、松重豊、泉谷しげる、他             

(C)2022「ツユクサ」製作委員会

田舎町で穏やかに暮らす独身女性に訪れる小さな奇跡を描くヒューマンドラマ。漁港のある田舎町に暮らす五十嵐芙美は、気の合う友人たちに囲まれ穏やかな独身生活を送っていた。歳の離れた小さな親友・航平と遊びに出かけたり、車の運転中に隕石がぶつかるという信じがたい出来事に遭遇したりと、楽しい毎日を送っている。しかし彼女がひとりで暮らしているのには、ある哀しい理由があった。ある日、彼女は町に引っ越してきた男性・篠田吾郎と草笛をきっかけに運命的な出会いをする。次第に吾郎に惹かれる芙美だったが……。

 


『死刑にいたる病』PG12
上映期間:5月6日(金)より上映!好評上映中!

2022年/日本/128分

監督: 白石和

出演:阿部サダヲ、岡田健史、岩田剛典、他

(C)2022映画「死刑にいたる病」製作委員会

「凶悪」「孤狼の血」の白石和彌監督が、櫛木理宇の小説「死刑にいたる病」を映画化したサイコサスペンス。理想とはかけ離れた大学生活で悶々とした日々を過ごす筧井雅也のもとに、世間を震撼させた連続殺人事件の犯人・榛村大和から1通の手紙が届く。24件の殺人容疑で逮捕され、そのうち9件の事件で死刑判決を受けた榛村は、犯行当時、雅也の地元でパン屋を営んでおり、中学生だった雅也もよく店を訪れていた。手紙の中で榛村は自身の罪を認めたものの、最後の事件は冤罪だと訴え、犯人が他にいることを証明してほしいと雅也に依頼する。旧知の榛村の願いに応えるべく、独自に事件を調べ始めた雅也だったが、想像を超えるほどに残酷な真相にたどり着く……。

 

『映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ』
上映期間:5月13日(金)より公開!

2022年/日本/128分

監督:木下麦

声の出演:花江夏樹、飯田里穂、木村良平、山口勝平、他

コピーライト:(C) P.I.C.S./映画小戸川交通パートナーズ

2021年春に放送されたアニメ『オッドタクシー』。『セトウツミ』などの原作者である此元和津也が脚本を手掛け、その巧みなストーリー展開が憶測を呼び、考察サイトが多数立ち上げられるなど、大反響を巻き起こした。本作ではアニメシリーズの総ざらいに加え、最終回のその後も描かれる。偏屈で無口なタクシー運転手の小戸川は、練馬区で起きた女子高生失踪事件に巻き込まれる。あることをきっかけに事件は収束を迎えた。…かに思われた。事件後の数々の証言。見えていた出来事の裏の裏。本当は何が起きていたのか。未来へと続く運命の歯車が再び揺さぶられていく。