NEWS

ニュース

宮崎キネマ館

【宮崎キネマ館】4月のオススメ映画情報🎥

[2024-04-01]

『オッペンハイマー』R15+          
今年度アカデミー賞作品賞、監督賞など7部門受賞!
229()より上映中!】

2023/アメリカ/180

監督:クリストファー・ノーラン

出演:キリアン・マーフィ、エミリー・ブラント、マット・デイモン、ロバート・ダウニー・Jr.、他

コピーライト:(C) Universal Pictures. All Rights Reserved.

ピュリッツァー賞を受賞した伝記を基に、原子爆弾の開発に成功したことで「原爆の父」と呼ばれた、アメリカの物理学者ロバート・オッペンハイマーの栄光と挫折、苦悩と葛藤を描いた歴史映画。第2次世界大戦中、才能にあふれた物理学者のオッペンハイマーは、核開発を急ぐ米政府のマンハッタン計画において、原爆開発プロジェクトの委員長に任命される。しかし、実験で原爆の威力を目の当たりにし、さらにはそれが実戦で投下され、恐るべき大量破壊兵器を生み出したことに衝撃を受けた彼は、戦後さらなる威力をもった水素爆弾の開発に反対するようになるが…。

 

『夜明けのすべて』
45()より公開!】
2024/日本/110

監督:三宅唱
出演:松村北斗、上白石萌音、渋川清彦、他
コピーライト:(C)瀬尾まいこ/2024「夜明けのすべて」製作委員会

作家・瀬尾まいこの同名小説を、『ケイコ 目を澄ませて』の三宅唱監督が映画化。PMS(月経前症候群)のせいで月に1度イライラを抑えられなくなる藤沢さんは、会社の同僚・山添くんのある行動がきっかけで怒りを爆発させてしまう。転職してきたばかりなのにやる気がなさそうに見える山添くんだったが、そんな彼もまた、パニック障害を抱え生きがいも気力も失っていた。職藤沢さんと山添くんの間には、恋人でも友達でもない同志のような特別な感情が芽生えはじめる。やがて2人は、自分の症状は改善されなくても相手を助けることはできるのではないかと考えるようになる。

 

『パスト ライブス 再会』
426()より公開!】

2023/アメリカ・韓国/106

監督:セリーヌ・ソン

出演:グレタ・リー、ユ・テオ、ジョン・マガロ、他

コピーライト:(C) Twenty Years Rights LLC.

離れ離れになった幼なじみの2人が、24年の時を経てニューヨークで再会する7日間を描いた、アメリカ・韓国合作の大人のラブストーリー。

ソウルに暮らす12歳の少女ノラと少年ヘソンは、お互いに恋心を抱いていたが、ノラの海外移住により離れてしまう。24歳になり、別々の人生を歩んでいた2人は、オンラインで再会を果たすが、互いを思いながらも再びすれ違ってしまう。そして36歳になり、ノラが作家のアーサーと結婚していることを知りながらも、ヘソンはノラに会うためにニューヨークを訪れる。24年ぶりにめぐり逢えたふたりの再会の7日間。ふたりが選ぶ、運命とは…。

 

『フェルメール The Greatest Exhibition アート・オン・スクリーン特別編』
426()より公開!】

2023/イギリス/93

監督:デビッド・ビッカースタッフ

コピーライト:(C)Seventh Art Productions
一般:2500円 学生:1800円 招待券使用不可

202326月にオランダ・アムステルダム国立美術館で開催され65万人を動員した「フェルメール展」の様子を収めたアートドキュメンタリー。オランダを代表する17世紀の画家ヨハネス・フェルメール。アムステルダム国立美術館で、現存する28のフェルメール作品が世界中から集められた史上最大規模の回顧展が開催された。本作では、その「フェルメール展」に展示された作品の数々を、美術館館長らによる作品解説を交えてひも解き、最新の研究によって明らかになったフェルメールの手法などから、より深く作品を知り、ディテールまで堪能することができる。